Tommy’s house ~西那須野いぬねこ里親会 別館~

おかげさまで七周年 根性の犬猫保護・里親探しブログです。   TNR・ブリーダー遺棄・ショップ遺棄・ワクチン副作用・ホメオパシー・手作り食~・・・・・たまにはバイクや車、木や花も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レスキュー三昧(泣)

 寝不足と唇の荒れに悩まされているchoiwaruです。

最近、犬のレスキューが立て込んでいましてね、

まあ、遺棄された犬たちの苦しみに比べれば、唇がどうとかはね・・(笑)

犬たちの話の前に、まずはほのぼの猫たち。


 タミさん良くなりました
DSC_0026.jpg
 お腹のポッコリも引きました。

研究室の皆ともすっかり仲良くなってしまいました。

choiwaruとの距離は・・・・相変わらず(笑)

オイルヒーター越しに、ダイクン
DSC_0039.jpg
ダイクンの肺炎も症状の方は落ち着いています。

保護したころは、手出したら食いちぎられるんじゃないかと思うほどだったのにね~

最近では、僕の手がダイクンに近づくだけで腰がピョ~ンっと上がっちゃいます(笑)

「腰ぃ~!腰ポンポンして~!!!」

ボク、分かるです!セレブなんですぅ~ 
DSC_0038.jpg
 このベッド、ぜ~ったい高級品ですう!

寝心地が違うです!

兄ちゃん、ありがとうですぅ~


 さてさて、まずはボーダーコリーのシナモン
あれれっ、写真がない(笑)

3月12日から23日までうちで保護したボーダーコリーのシナモン(仮名)

どこか東京の方のペットショップの遺棄ということで保護した子です。

とにかくしつこいくらいの人間大好き、うちにいたころはトイレがダメダメでしたが、

現在、ボーダーコリーレスキューネットワークさんの元に行き、

厳しく!?育てられて、日々進化中です!!

詳しくは、BCRNシナモンご覧ください。

パワフルで大変な子でしたが、賢い子でしたよ。

BCRN様、どうぞ幸せにしてやってください。

よろしくお願いします。

 
 その次に来たのが「柴おじい」と「チャ-」
100316柴じいちゃん
 チャ-についてはまた今度。

柴おじいもブリーダー遺棄。10歳くらいかな。

このつぶらな瞳が気になって、里親がなければうちで看取るつもりで

引き取ってきました。すぐにダメもとで「動物友の会 壬生里親会」さんに参加させて頂く。

運命ってありますね~、たまたまその日にいらっしゃった、今まで数々保護され生涯の面倒を

見てこられたというご年配の夫婦の眼に留まりました。

そして、歯石取り・去勢を済ませ、27日にお届け。

先住チンのカズキちゃん(15歳)と。
NEC_0008.jpg
 あと、やっぱり15歳くらいのサバトラ猫、まるちゃんもいます。

 広~いお庭に大満足
NEC_0010.jpg
 おじい、何で?っていうほど穏やかで、

それでいてチャカチャカと楽しそうに走って、

 呼ばれると嬉しそうに「頭なでて~」と寄ってきて、

 言葉であらわすのは難しいけれど、ホントに愛嬌のある子です。

 高齢の子に、安心して任せられる里親さんがつくのはありがたいことです。

 K様、どうぞ御爺の余生を幸せにしてやってください。

 よろしくお願いします。


 最後にシェルティレスキュー

僕が保護している犬たち(今まで里親探しをしたスコ・マンチ・アメショ・アビなどの猫たちも)

はほとんどが同じ知り合いが保護した子たちです。まあ、その人、里親探しの手立てに疎いうえに、

保護数が限界超えている状態で、もう見ていられないので手伝っているわけです。

今回のボーダー、柴じい、そしてたいがさんとやってきたシュナたちも全てそこからの子です。

そして、次にやろうと決めていた犬種がありました、シェルティです。

そんな時、たまたまシェルティレスキューさんと知り合いになり、現在いる7頭を

なんと全て面倒見てくださるという連絡をいただきました。

ホントにありがたかったです。

今日、まず僕が自宅へ7頭を移送。

その後シェルティレスキューの方々へ引き継ぎさせていただきました。


 でも、こんな子もいました
DSC_0047.jpg
 保護場所から引き出して移送する際、1頭の♀の子にやられちゃいました(笑)

ぜんぜん悪い子じゃないんです、7頭の中には元気な子、状態の悪い子、フレンドリーな子、

さまざまでしたが、噛みついちゃった子は一番のビビリさんでした。

後ろから抱いてクレートに入れようとしたら驚いて振り返って手首にバクり。

僕が悪かった~、驚かせちゃって可愛そうなことをしました。

僕がもし引き取るんだったら、その子が良いかな(笑)

猫のレスキューばかりやっているせいか、やっぱり最初は怖がって当然で自然なことだと

思いますし、

そういうナーバスな子が生き生きと変わっていく様を見るのはとても嬉しいことです。

うちの子たちは、犬も猫も最初は人なんて信じてない眼をしていた子ばかり。

すぐに心を開いた子も、長くかかった子もいましたが、皆変わりました。

きっと僕を噛んじゃった子も、次にもし会えたら笑っているよね!

ぜひご覧ください↓↓↓!!!!
シェルティレスキュー
もし協力できる方がいらっしゃいましたらお願いします。

びびりちゃんは6番の子だったかな?

別の1頭、鼻水などがあり、栄養状態もわるく心配です。
スポンサーサイト

テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

  1. 2010/03/28(日) 23:50:28|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

人と犬猫の未来へ、まずはここから・・

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 いのちつないだワンニャン写真コンテスト 小学生レポート「猫の保護活動について」

プロフィール

とみた

Author:とみた
性別:男性
08年9月より pescetarian

(σ´∀`)σ↓クリック投票

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
お暇なら押してよね~

メールフォーム ・ ~2009旧館

メールフォーム 旧館

カテゴリ

未分類 (18)
プライベート (19)
研究室猫 (17)
里親募集 (59)
リキ・珊瑚・ララ (11)
犬猫捜索願い (4)
自宅猫ズ (7)
獣医療関係 (2)
被災犬猫 (1)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になっております ~団体さん~

okayamabana.gif 150bn2_p.gif img20080213_p.gif middle_1157639196.jpg

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。