Tommy’s house ~西那須野いぬねこ里親会 別館~

おかげさまで七周年 根性の犬猫保護・里親探しブログです。   TNR・ブリーダー遺棄・ショップ遺棄・ワクチン副作用・ホメオパシー・手作り食~・・・・・たまにはバイクや車、木や花も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホメオパシー

 冷蔵庫に虫が止まってて・・・3mくらい先なんですが

その虫が何なんだかいまいちよく見えない。すごく気になるんですが

気にしないで行こうとおもいます(笑)


 最近、ふとネットのニュースを見たら、

ホメオパシーが思いっきり叩かれておりましたね。

何だったかな、「科学的根拠がない」でしたっけ?

元々、科学的根拠を求めてホメ使ってないよ(笑)

 
 批判覚悟で書きますよ、ホメで?被害こうむった死んだ人が、

検索した限りでは2人しか出てこないんですが・・・・

2人?もっといたとして数人?分母は? これを「大変だ!」と判断する人は、もう一度

幼稚園から人生やり直していただくか、精神病院で強~いお薬処方してもらってください。

しかも、両方とも副作用によるものではなく、レメディがスルーしちゃったことによる

三振バッターアウトじゃないですか、普通のお薬はヒット率も高いですが

打球に当たって死ぬこともあるんです、どぉ~考えても医師会か獣医師会か薬剤師会か、

どこかが圧力かけたとしか思えない、外圧抜きで報道がされるジャンルのはずが・・・

なんだ、最初は朝日新聞か・・・あり得る(笑)

非科学的なこと、出そうな杭、大嫌い。強い団体大好き(笑)あ~さひがサンサンおはようさん!


 元々、ホメに科学的根拠なんてないんですよ(今の科学では。由井先生とかは何とか科学的に

説明しようとしてますが、そんな必要はないと思う)だれがどう考えたって、

「アコナイト」なんて言ったって、アコナイト(トリカブト)なんてひとつも入ってない

純水をしみこませた砂糖の玉なんですよ。以前うちにいた老犬レオ爺に初めてアコナイトを

飲ませたあと、異常なほどイビキかいて寝ちゃって、「これはヤバい!」と

ホメの先生に電話したら「大丈夫、アコナイトは睡眠傾向ありますから」と。

調べてみたら、ホントに「眠くなる」と・・・

 またあるときは、

抗生剤(バイトリル)も止血剤(トラムリン)も全く効かなくなっていたレオ爺が

血尿出すたびホメのホモトキでピタッと出血が止まったことも。
(4回目まで、5回目以降効果が弱くなったと記憶。でも不思議だった)

 まあ、これらを「効果」と見るか、「自然治癒」「時間経過」「たまたま」と

見るかは飲んだ本人や、飼い主次第でありますがね。

少なくとも僕は効果と見ました、この時はずいぶん助かりました。

そういえば、元々ホメを取り入れていた方に「ほんとに効いたみたいだよ!」なんて

言ったら怒られたこともあったっけ(笑)


 僕が今まで何度も「理論的にはただの水なんですが・・・」なんてことを書いたのも、

正直言って半信半疑だったこともあり、未だに「多くの場合は何も効果なく何も起こらない」

と思っているのも事実です。ですから、このことを勘違いして全てホメで治る!

あとはお祈り~!!!みたいなことをしてしまえば、カルト呼ばわりのターゲットに

されてしまうのは目に見えているのに・・・そういう人もいたようです残ネン。


 ただ、一つ言っておきたいのは、今、日本人は総西洋医学カルトです。

とにかく症状をとめることが第一、早く症状を消してくれたら名医、

考えあって薬を最小限にして症状を長引かせたらヤブ。

抗癌剤治療で手を変え品を変え、副作用に苦しみ、ホントに延命されたのかも微妙のまま

数ヶ月でふわり~

「あの人は副作用と戦って、転移もしたけど頑張って・・・先生ありがとう」っておい(笑)

知ってますか?ある種の抗癌剤の副作用表示には「転移」、そして「死亡」なんてのも(笑)

笑っちゃいけませんね(笑)でもちゃんと書いてあるんだもん。

大学で習う(一般的な」医学・獣医学を否定するわけでは全くございません。

ただ、医療過誤、医療ミス、医原病・・病院にかかったことによって寿命が縮まる例は

(誰も計算したことないでしょうが)たっくさんあると思います。


 それを棚に上げて、代替療法、自然療法、科学的根拠なし、キケン・・・

フトコロが寂しくなった先生方の悲痛の叫びを聞いたエライ先生がどこかに圧力かけて

病院に落ちる金を1円でも増やせ!という裏の意味をもったプロパガンダにしか見えません。

 


 医者にかかるほうも、

①これは医者に行ったから治ったのか?

②他の療法ではどうだっただろうか?

③何もしなかったらホントに治らなかったんだろうか?


 この程度の簡単な選択肢もなく病院直行!では

いかにも!な流されやすい日本人にすぎませんね、

A 直行しなければならないときがあり、

B 待ってみるべき(経過)ときがあり、

C 行ってもどうにもならない(行く必要もない)ときがあり、

D 行かない方がいい(余計なこと)ときがあるのです。


 動物だとBCDが中々分かりにくいですが、自分の身だったら判断はしっかりとね。


 ちなみに、数年前にチョッと酷く捻挫して周りが病院行けとワンワンうるさくて、

根負けして連れて行かれ、整形外科の医者に一言言われました

「この程度で?・・・・過保護だね~」

マトモな医者もいるもんだと思いました。



ホメにも医療にも流されすぎてはいけません、

ホメ一辺倒になるのもカルト、お薬一杯貰って嬉しそうにヨダレ垂らしている

会計終わったおばちゃんも充分にカルト。


 最後に、最後はまたホメの肩を持っておこうと思いますが、

西洋医学のずっと前に出来上がったホメオパシーを今更「目障りだ!」と言い出す、

西洋医学だって、考え方の基礎にはホメがあったはず、そこから即効性や

確実性を重視しだし、ちょっとの副作用はしょうがないという妥協を定着させてしまった

それについての反省はないのか?

まあ、その医薬品を使いまくっている僕が言える身じゃありませんがね・・・


 なお、こういう話になるとやっぱりカネも絡めて話を作りたくなるらしく、

ホメで騙してカネを巻き上げる的なニュアンスの記事もあったようですが、

元々、僕がホメを取り入れ始めたころの印象の一つは「安い」ということ(笑)

1回分がコインにならない(笑)

今の料金体制と関係ありませんが、昔は貧乏人のための医療だったようです。


 確かにセミナーとかの参加費は確かけっこうお高かった気がしますが、

もし僕がレメディで儲けようと思ったら、わざわざ手間かけて30C(100の30乗倍希釈)

だの、200C、300Cだなんて!やってないで、

もっと分子の残留する程度の低希釈倍率で、「科学的根拠」も残して(笑)

作って売りますね~、それやっていくとだんだん普通の薬に近くなるような・・・


 大昔のお薬であるホメオパシーですが、これから先、「情報の転写」とか

「波動」とかが、「科学的根拠」を得る日は来るのか!その点も楽しみです。

燃料添加剤なんかにも、「波動系」とかあって、灯油に何か波動を転写させているらしい

んですけど、これがホントに燃費が良くなったりする。

みんな分けも分からず使っているんでしょうね、そういう僕もそう。

「波動」とか調べてみようかな。



 だらだら書いてしまいました、読んでくださった方ありがとうございました。




 あっ・・・・蛾でした(笑)
 

スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2010/08/25(水) 23:58:59|
  2. プライベート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

人と犬猫の未来へ、まずはここから・・

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 いのちつないだワンニャン写真コンテスト 小学生レポート「猫の保護活動について」

プロフィール

とみた

Author:とみた
性別:男性
08年9月より pescetarian

(σ´∀`)σ↓クリック投票

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
お暇なら押してよね~

メールフォーム ・ ~2009旧館

メールフォーム 旧館

カテゴリ

未分類 (18)
プライベート (19)
研究室猫 (17)
里親募集 (59)
リキ・珊瑚・ララ (11)
犬猫捜索願い (4)
自宅猫ズ (7)
獣医療関係 (2)
被災犬猫 (1)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になっております ~団体さん~

okayamabana.gif 150bn2_p.gif img20080213_p.gif middle_1157639196.jpg

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。