Tommy’s house ~西那須野いぬねこ里親会 別館~

おかげさまで七周年 根性の犬猫保護・里親探しブログです。   TNR・ブリーダー遺棄・ショップ遺棄・ワクチン副作用・ホメオパシー・手作り食~・・・・・たまにはバイクや車、木や花も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センターからの回答

 もうすぐあの震災から2年になりますね。今週号の新潮で「被災地巡覧」としてたくさんのカラー写真で
今の被災地が紹介されています。どれも生々しく、「まだ何も終わっていないんだな」と思わせられる
写真でした。中の一枚福島県飯館村の民家を外から中を窓越しに写した写真、そこに猫が4匹・・・

注釈原文ママ転載させていただきます

「一時的立ち入りの許される居住制限区域にある飯樋割木の住宅に、よく似た縞模様のネコが4匹寄り添っていた。
主が昼間、片付けに来るのか、充分なエサが置かれていた」

見る人が見れば

「兄妹とひと目でわかる子猫4匹、皆右耳にカットがあり、足繁く通うボランティアさんがくれたであろうご飯でプックリと太って暖かそう」
とでもなりますかね(笑)。現地で頑張ってくれた人達、今でもレスキューに入っている人たち。
本当に頑張ってくれました。よろしければコンビニで新潮10号ご覧になってみてくださいね。


 さて、センターの件遅くなってスミマセン。実は①先日の黒い若犬2頭飼い主の元へ帰りました。②センターに質問状(メール)を出しました。以下、お送りしたメールを要約して転記します。固有名詞などは隠します。黒字は変更・省略部分。


~まえがき省略~


先日引き出しました〇〇〇(地名)の犬2頭の件
 
 ①飼い主が見つかりました。飼育環境を確認し、返還しました。動物愛護指導センター(以降「センター」)や警察への連絡が無かった点以外は、とても良い飼い方をされていました。それでもまだ、センターとしては積極的に飼い主の検索を保護地域近辺で行う予定はありませんか?これが出来るだけで随分と処分を減らせると思われますが・・・・

 ②・・・色々と経緯がありまして・・・♯♯♯(某動物病院)が処分に出したことが分かりましたが、この件について、センターとして当方へは故意に情報を隠されたのでしょうか?我々としては、元から金銭トラブルや手術ミスなど複数件耳にした病院に関しては、里親さんや関わった飼い主さんには、なるべく行かないように指導しております。犬を処分に出す病院となると尚更です。情報を頂ければ、私たちはセンターからの情報とは言わずとも、保護活動に理解のない病院として、飼い主さんたちへ良い情報を提供でき、センターとしても「動物愛護指導」に準ずると考えますが・・・・

団体等譲渡事業について

 現在のところ、やはり貴センターの運営方針に関して賛同しかねますので、登録は控えさせていただく前提で質問させていただきます。
 
 ①実際のところ、センターへ引き取られる前に当会を含む県内民間団体で保護する犬猫の数は年々増加していることは承知されていることと思います。センターでも、ドッグセンターへ収容される前に民間団体へ連絡し、通報者と民間団体間でのやりとりに移行させる方式を検討中とのことでしたが、例えば当会は旧西那須野地区ですので、近辺での収容予定が入った時に連絡を頂くことは今現在可能ですか?ちなみに、現在中型犬1~2頭、即保護可能です。

 ②収容可能頭数を調査されるとのことですが、当会が関わっている某ブリーダー、ペットショップ、引き取り業者が普通に取扱業登録を受けていることを鑑みると、条件は同じと仮定すると、どんなひどい収容状況でも(原文の具体的記載は割愛しました)収容可能ということになりますが・・・


県北、某動物取扱業者について

 ①□□□の某ブリーダー、同じく□□□の某引き取り業者に関して、私どもでここ7~8年に渡り、既に犬猫含め100頭以上の保護、譲渡を行ってきました。現在新たに△△△のペットショップ☆☆☆の件が加わり、当会里親会に☆☆☆からの保護犬を保護中の者が参加中です。当会が関わっている業者は現在のところこの3軒ですが、これらに関して、登録が許可されている限り・・・以下、登録の継続に関する質問


センターの個人譲渡について

 ①現在は講習のみで、誓約書にサイン、センターその場渡し、という譲渡方式の認識でよろしいでしょうか。現在、当会含め、一般的な保護団体の譲渡方式としましては、より厳しい条件を提示し、必ず「お届け&飼育環境確認」をセットとしています。センターの譲渡方式もそこまで引き上げることを検討してもらえませんでしょうか。職員(獣医師)が「お届け」をし、その場で指導、様子を確認してから仮譲渡、そしてせめて避妊去勢が済むまではしっかり連絡を取る。今回の〇〇〇の2頭の件も当てはまりますが、捕獲犬の返還に関しても同様と考えます。本来であれば同じことを繰り返さないよう、加えて登録や基本的な病気予防のされていないような場合の指導を含めて訪問して返還することが望ましいと・・・


犬猫保護情報の取り扱いについて

 ①今までに、私の関わった案件ですが、「センターに報告した犬の保護情報が、飼い主からの捜索情報としっかり照合されず、偶然鉢合わせた飼い主と保護主(該当の保護犬連れ)の間でトラブルが起きた」「捜索情報を出していた人が、自分でセンターのページの一般の方の保護情報を見ていたところ特徴の合致する犬がいたが、センターからは何の連絡も頂けなかった」ことなどがありました。その為、それ以降捜索をしている方には、必ず自分で毎日チェックするよう伝えています。行方不明の情報をセンターに伝えてあるにもかかわらず処分されてしまうことも考えられます。現在の、情報の照合の手順、人数、遡る月数など、どのような状況なのでしょうか。


 ~あとがき省略~

この質問メールをお送りしたのは2月18日。ホットメールから出したので迷惑メールにでも入っちゃったのかな~と思い、niftyのアドレスから送り直したのが3月1日。。。。

・・・返事なし

130101 (2)
 こまったにゃ


テーマ:里親募集 - ジャンル:ペット

  1. 2013/03/07(木) 06:05:22|
  2. 里親募集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ

人と犬猫の未来へ、まずはここから・・

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 いのちつないだワンニャン写真コンテスト 小学生レポート「猫の保護活動について」

プロフィール

とみた

Author:とみた
性別:男性
08年9月より pescetarian

(σ´∀`)σ↓クリック投票

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
お暇なら押してよね~

メールフォーム ・ ~2009旧館

メールフォーム 旧館

カテゴリ

未分類 (18)
プライベート (19)
研究室猫 (17)
里親募集 (59)
リキ・珊瑚・ララ (11)
犬猫捜索願い (4)
自宅猫ズ (7)
獣医療関係 (2)
被災犬猫 (1)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になっております ~団体さん~

okayamabana.gif 150bn2_p.gif img20080213_p.gif middle_1157639196.jpg

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。