Tommy’s house ~西那須野いぬねこ里親会 別館~

おかげさまで七周年 根性の犬猫保護・里親探しブログです。   TNR・ブリーダー遺棄・ショップ遺棄・ワクチン副作用・ホメオパシー・手作り食~・・・・・たまにはバイクや車、木や花も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タミ フェノバルを元の量に戻す(涙)

 暖かくなってきたかと思ったら、また厳寒に逆戻り。

栃木県北は今日も、たぶん山からの吹き下ろしですが雪がチラつきました。


 カムイのオムツは「ビッグより大きいサイズ」の20kg前後の子供用パンツタイプが

かなりぐっじょぶ。少しウエストをガムテで詰めてやるとオチンもしっかり入り良い感じです。



 タミ、連続発作。。。(泣)
110219 (1)
 写真は2月19日の発作の後に撮ったものです。

ケージの中に突起らしいものは無いのですが、凄い力で暴れるので

何が凶器になるか分からない。このときは、足を切り出血。

 
 2月22日、第一回ホモトキシコロジー投与


 2月23日より、フェノバル量を1日当たり1/4錠 → 1/5錠に減らす。

  
・・・・・しばらく落ち着いた日が続きましたが・・・・・


 3月2日の昼ごろ一時帰宅したら丁度発作直後でした。

怪我は無し、手は唾液でびしょびしょ。まだ定期的なピクっという痙攣が残っていました。

前回のホモトキ投与から丁度1週間だったため、

発作後、落ち着いてからホモトキ投与。


 3月3日早朝、再発作。。。

 同、夕方さらに発作。。。。。。。

ホモトキのアグラベーションというより、フェノバルを減らしたことによる、

血中フェノババルビタール濃度の低下が原因でしょう。

この日から1/4に戻しました。

その後は落ち着いています。


 毎日24時間こんな風に静かに暮らせるように・・・
110220.jpg
 肝臓へのダメージを減らすために、少しでもフェノバルは少なくしてあげたいけれど

発作は見ていて本当に居たたまれません、

発作を抑えためにフェノバル量を維持しておくことも今しばらくは止む無し。

ホモトキ(肝臓サポートがメイン)もそうですが、

タウリンを多く取り入れた食事(今日は鶏ハツを豊富に使用)、他にもウコンとか

使えるものがもっとあるはずなので、取り入れながらもうしばらく我慢、我慢。


 キヨの便り
P1010690.jpg
 キヨが横浜に里子に出て、早1年と3カ月です。

相変わらずゥ・・ゥ・・ウ・・・ウエストが(笑)

でも現状維持だそうです、それならOK!

 悪いことを覚えたキヨ
988856_1006060857_54large[1]
 今まで自分から2階に上がってくることが無かったそうなんですが、

最近、勇気を出して上がってみたら、そこには「ベッド」なるものが!

すっかりお気に入りの場所になってしまったとさ~


 おもちゃにもなるキヨ
IMG_9907.jpg
 あいかわらず、なされるがままのようです。

キヨ、少し大人っぽい顔つきになったように感じます、

というか、前のように興味津津の顔から、「僕は悟ったよ」顔に(笑)

この家とハマのことは何でも知ってるよ、僕に聞いとくれ。


 さらに人依存に陥りつつあるTNR(Rせず)のタヌ郎 
NEC_0021.jpg
 「遊んでぇ~」が凄い

そして、部屋から出ようとすると「行かないでぇ!」の足しがみつきと咬みつき!!!

咬むのはやめて~、ふくらはぎをァグッ!と咬みます。

痛いほどじゃないけど、これは止めさせなきゃ。

ゴッツンこ~すりすり
NEC_0023.jpg
 ゴッツができるノラは中々いませんよね(笑)


咬まれ傷はキレイに塞がり、あとは毛が生えそろうのを待つばかり。
NEC_0022.jpg


 ドロンタール注により
NEC_0020.jpg
 顕微鏡で見るまでもなく、ニョロロンとマンソン出ましたので、ドロンを注射。

ドロンはマンソンや壺型吸虫の駆虫にはかなりの量が必要(0.6ml/kgくらい)

4kgの子だと2.5ml近く入れなきゃなりません。

 その量もさることながら、ドロドロで溶剤臭いドロン。副作用も多い(涙)

タヌ郎は接種部位の脱毛だけで済みました。

よ~く揉んで散らしたのですが、大きく禿げてしまいました。

違和感から自分で舐めて毛を抜いてしまった可能性もあります。

写真の後、さらに広がって真っ赤に。

今日の時点ではカサブタのようになってきまして一安心です。


 その昔、妙子がひどい副作用を起こしました。

その時は、脱毛はしませんでしたが、泥酔したようにフラフラになり、

10回の嘔吐、回復に2~3時間かかりました。

その経験以来、とても嫌な薬の一つです。



3/5訂正・・・ドロンタール注ではなく、ドロンシット注でした、失礼。

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2011/03/04(金) 22:57:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カムイ、居候生活のスタート | ホーム | カムイ 預かりさん宅へ引っ越し>>

コメント

ニャン子さん

 カムイの預かりさん、と~っても大変なんですが頑張ってやってくれています。何とか楽しい預かり生活!?過ごしていただきたいと思います。そちらにもタヌ郎がいましたか(笑)、うちのはさらにエキサイトしてしまって、咬み率が高くなってきました(泣)今日もくるぶし咬まれ、指咬まれ、襲われる~
  1. URL |
  2. 2011/03/08(火) 19:18:27 |
  3. choiwaru101 #-
  4. [ 編集 ]

カムイ、よかったですね

先生、カムイですが、本当によかったですね。カムイちゃん顔も穏やかになり、ちょっと女の子顔。しかも、尻尾が…、フサフサでそそりますね。

タヌ郎君(笑)困りましたね~。「行かないでぇ~!」で縋り付く、演歌みたい。
イヤ、スミマセン。実はウチの去年末に強制捕獲した元家庭内ノラの子も、同じなんです。タヌ郎君ほどではありませんが、やはり離れようとすると、「行っちゃイヤン」とばかりに、甘噛み+爪 で服の裾を引っ掛けます。しかも、「ごっつんこ~スリスリ」も。
人間と暮らした事があったのだろうか…?と、ちょっとショックです。

タミさん、安定したようでよかったですね。
  1. URL |
  2. 2011/03/05(土) 10:55:18 |
  3. ニャン子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://choiwaru101.blog113.fc2.com/tb.php/502-aa3be9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人と犬猫の未来へ、まずはここから・・

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 いのちつないだワンニャン写真コンテスト 小学生レポート「猫の保護活動について」

プロフィール

とみた

Author:とみた
性別:男性
08年9月より pescetarian

(σ´∀`)σ↓クリック投票

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
お暇なら押してよね~

メールフォーム ・ ~2009旧館

メールフォーム 旧館

カテゴリ

未分類 (18)
プライベート (19)
研究室猫 (17)
里親募集 (59)
リキ・珊瑚・ララ (11)
犬猫捜索願い (4)
自宅猫ズ (7)
獣医療関係 (2)
被災犬猫 (1)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になっております ~団体さん~

okayamabana.gif 150bn2_p.gif img20080213_p.gif middle_1157639196.jpg

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。