Tommy’s house ~西那須野いぬねこ里親会 別館~

おかげさまで七周年 根性の犬猫保護・里親探しブログです。   TNR・ブリーダー遺棄・ショップ遺棄・ワクチン副作用・ホメオパシー・手作り食~・・・・・たまにはバイクや車、木や花も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キヨのフィラリア陰転と、新しいフィラリア成虫対応策

 西那須野いぬねこ里親会のブログ、どんどんアップされてますので

ぜひご覧くださいね。なお、いつもうちの猫レオがお世話になっている美容室「シャロン」さんが

ブリーダー遺棄犬たちの預りをしてくださってます。店頭でお披露目中です。よろしくお願いします!

         ペット美容室・ホテル シャロン

 さて、先日さわりを書きましたフィラリアの新しい対応についてです。

その前に、平成21年の12月に横浜のOさん宅に里子に行ったキヨ。。。覚えてますか?

レオ爺が亡くなった日にフラっと現れた柴君です。。。レオ爺って覚えてますか?(笑)

先日、里親さんから連絡を頂きまして、譲渡から2年半ですがフィラリア陰転したそうです!

 梅とキヨ
IMG_3535kiyo.jpg
 フィラリア陽性の犬に対しての対応は、大雑把に言うと2つあります。


ひとつは成虫を殺す、積極的な治療。


もう一つはミクロフィラリアの成長を抑えながら、成虫の寿命を待つ、ある意味消極的治療。

僕は後者です。前者も今は副作用も殆どなく安全なようですが、まだ取り入れていません。

消極的治療とは、僕が勝手にそう呼んでいるだけですが、要するに健常な犬でも行う春~晩秋の

予防薬投与を冬の間も月イチで通年行うものです。まだ症状が全く出ていない犬であれば、

この方法でしっかりやれば、3~5年で陰転すると言われています。


 ひなたぼっこキヨ
IMG_4724kiyo.jpg

 キヨは、僕が投与していた時期とあわせて、やはり3年間位での陰転ですね。

ちなみに、キヨの行っている病院ではミルベマイシンAを使われているそうです。

僕は陽性の場合にはモキシデクチンを使っています。


 とにかく、キヨよかった!!!

今日はキヨの写真をお借りして、新しい「フィラリア陽性の場合の対策」について

書いていこうと思います。

 ノーリードには目をつぶって・・・いい写真!!
CIMG1427kiyo.jpg
まあ、2年前に出た文献のお話ですので、ご存知の方も多いかもしれません。

要するに、フィラリア成虫にはWolbachia(ボルバキア)という細菌が共生しています。

相利共生と言って、お互いに助け合っていて、フィラリア成虫はボルバキアが体内に寄生

していることで元気と生殖能力を保っています。

 なので、そのボルバキアを殺せば・・・ということです。

ボルバキアは犬猫でも使われる抗生物質ではドキシサイクリン(商品名ビブラマイシン)が

よく効きます。ビブラマイシンはフィラリアには効きませんが、フィラリア体内のボルバキアを

殺菌することによって、フィラリア成虫♀が生殖能力を失い、しかも成虫の寿命を縮める効果が

確認されています。

 潮干狩りに行ったキヨ
IMG_3164kiyo.jpg

 2010年10月のJ-VETから、面白い部分を抜粋させていただきます。

 犬や猫の犬糸状虫症に関連する症状は、ボルバキアによって誘起される可能性がある
というデータが存在・・・

 ボルバキアはテトラサイクリン、ドキシサイクリン、リファンピシン、アジスロマイシン
には感受性を示す・・・

 糸状虫症のヒトや動物に、ボルバキアが感受性を示す抗菌薬を投与すると、宿主体内の
ミクロフィラリア数が減少し、幼虫の成長が抑制され、雌の成虫の生殖能が失われる。

 ・・・ボルバキア抗原を検出することが可能であるため、犬糸状虫の犬および猫を少数寄生
であっても高い感度で診断できる新たな検査方法が開発される可能性・・・

 われわれの病院では、最初にドキシサイクリンを10mg/kg/日で3週間投与してから
犬糸状虫の成虫駆除を行なっている。・・・


など

 お兄ちゃんと遊ぶキヨ
P1010740kiyo.jpg
最後の「・・・してから成虫駆除を行なっている」という部分は、

・・・してからメラルソミンなどを使うということでしょうが、

うちでは陽性の子らには冬にビブラマイシン3週間投与の後、春まで何もせず

春~晩秋は通常通りモキシデクチンを月イチで飲ませる方法を取ることにしました。


 モキシではなくイベルメクチンを使うと成虫の殺滅にも有効であることも

確認されているようですし、イベルメクチンであれば消化管内の寄生虫(線虫)の

駆虫もついでに?出来てしまう利点がありますが、

普通はフィラリア陽性の犬にイベルメクチンは使いませんから、もう少し情報を

集めて考えてみたいと思います。


 栃木県内でも取り入れている病院がいくつかあるようですから、全国的には

だいぶ浸透しているようです。


 既にビブラマイシンを使う方法を取り入れている方、よろしければ方法と

結果を教えてください。よろしくお願いいたします。



追記 

 やしお
 120406 (68)
 最近、うちで一番調子の悪いやしお。

血液検査の結果は悪くないんですが、口内炎がね・・・

だいぶ痩せてしまいましたが、現在はメタカムで何とかコントロール中です。


 もっちゃん、ジャマ
120406 (69)
 やしおは何歳なのかな~?

だいぶ高齢だと思います。6年前に傷だらけで保護、当時の仮名「おやじ」

その時はFIV陰性。。。後、陽性。


 カヨの御子たち

 なおこ
120410kayooyako (1)
くま
120410kayooyako (2)
つき
120410kayooyako (3)
4月29日(日)の里親会から参加予定です。

その時はまだ2回目のワクチン未ですので、触ってもらうことは出来ませんが、

会いに来てくださいね。

 
 120406 (126)

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/16(月) 23:45:18|
  2. 獣医療関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<やぎゆきの屋根作り | ホーム | 床屋に行きたい。。。>>

コメント

とろろさん

 レスが大変遅くなりまして申し訳ございませんでした。
 フィラリアに関しては、僕もまだよく分からないことがたくさんあって、だれか良く研究されている先生、教えてくれないかな~なんて思っています。うちでも昨年11月に元々腹水などの症状を出していた福島の子「レオ」が亡くなりました。
ビブラマイシン含め、まさに新しい展開に期待!ですね。
  1. URL |
  2. 2012/04/30(月) 21:30:55 |
  3. とみた #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
キヨ君良かったですね、早いほうでは?

キヨ君が登場した頃、保護してたラブがフィラリアの吊り上げ手術中に亡くなりました。
その後に来た子もフィラリア陽性、若い大型でなので運動させてやりたいし、
亡くなった子の事もあり積極的な治療(イミサイド)を2度しましたが、
完全駆虫は無理でした。ミクロはマイナスになり寄生数もかなり減っていますが、
2年半経った今もまだ陽性です。
イミサイドは迷いましたが、フィラリア治療の経験がとても豊富な先生だったので決めました。

名古屋でもモキシが多かったですが、若い先生はミルベマイシンやイベルメクチンを使う方が多い印象です。
(事前のステロイドもなしって先生もいらっしゃいました)
今月千葉に引っ越し病院を探し始めたところ、イベルメクチンを使う病院があり、
モキシより効果が高いとおっしゃってました。こちらはミクロ陽性犬にはステロイド使用との事。

いなかほど陽性犬が多いですよね。
被災犬のフィラリア重度の子の多さにはびっくりしました。
安全で早い治療が出来ると助かる子も多いでしょうから、新しい展開を期待します。

  1. URL |
  2. 2012/04/27(金) 20:05:19 |
  3. とろろ #rNoWdFwc
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/04/19(木) 13:47:07 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

米餡ママ さま

 リンク追加させていただきました、ありがとうございます。
西那須にも、また遊びに来てくださいね~



鍵コメさま

 ありがとうございます。もし具体的に、こんなことなら出来る!ということがあればお知らせいただけると幸いです。
 医療ミスですか、、ミスとまでは言わなくても、僕も毎回、判断が良かったのか悪かったのか自問自答します。
  1. URL |
  2. 2012/04/18(水) 09:56:55 |
  3. とみた #-
  4. [ 編集 ]

ブログを見て下さってありがとうございます。
リンクを貼らせて頂きました。
またお邪魔いたします!
  1. URL |
  2. 2012/04/17(火) 18:42:04 |
  3. 米餡ママ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/04/17(火) 12:53:42 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://choiwaru101.blog113.fc2.com/tb.php/558-bc86fd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人と犬猫の未来へ、まずはここから・・

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 いのちつないだワンニャン写真コンテスト 小学生レポート「猫の保護活動について」

プロフィール

とみた

Author:とみた
性別:男性
08年9月より pescetarian

(σ´∀`)σ↓クリック投票

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
お暇なら押してよね~

メールフォーム ・ ~2009旧館

メールフォーム 旧館

カテゴリ

未分類 (18)
プライベート (19)
研究室猫 (17)
里親募集 (59)
リキ・珊瑚・ララ (11)
犬猫捜索願い (4)
自宅猫ズ (7)
獣医療関係 (2)
被災犬猫 (1)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になっております ~団体さん~

okayamabana.gif 150bn2_p.gif img20080213_p.gif middle_1157639196.jpg

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。